トップ / 語学学校で生きた言葉を

語学学校で生きた言葉を

楽しい語学学校とは

備品管理

語学学校の講師を選ぶときの注意

語学学校には、日本人講師がレッスンをする学校と、ネイティブ講師のレッスンを受けられる学校に分けることができます。レッスンを受ける言語に対してまだ自信がないなら、日本人講師が良いでしょう。同じ日本人の講師なら、丁寧に指導をしてくれたり質問をするのが楽になったりするので、初心者向きです。すでにある程度話せる言語なら、ネイティブ講師が良いでしょう。本場の言語を学ぶことができるので、さらにレベルアップすることができます。語学学校の講師は、自分のレベルに合わせて選ぶと、言語の習得がスムーズになるでしょう。

日本語学校で教えたい

日本語学校で教師として働きたいと思っています。今日、海外で日本語を学んでいる人が400万人いるのです。その人たちの 力になるにはどうしたらなれるのでしょうか。方法とすれば日本語教師養成講座420時間コース修、費用は420時間の方は50〜60万円です。通学は通常は一年〜1年半程度で修了です。日本語教育検定試験合格者、年に一回行われる試験に合格した人。実際に働いて見て自分がやりたい事がこれだと確信が持てたら海外の日本語学校で教えるのがいいでしょう。日本の文化を紹介し、相手国の文化を吸収しながらの仕事です。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校のかばんのデザイン. All rights reserved.