トップ / 学校での携帯電話の扱い

学校での携帯電話の扱い

学校で電話やメール

備品管理

学校での携帯電話のマナー

携帯電話が至る所で普及している現在、小学生から大学生までの学生も殆どの人が携帯電話を使用しています。このため、学校にも持っていくことになると思います。親の立場からしても子供に何かあったらということを考えて子供に持たせているといえる部分も多々あります。その場合の学校でのマナーですが、一番大切なのは登校と下校以外の時間帯はなるべく電源を切るかマナーモードに切り替えておくことが大切だと考えております。連絡を取らなければいけない場合は緊急の用件がない限りは休み時間に連絡を取るようにしなければなりません。そういうルールを決めておかないと、授業中に電話やメールをする人が出てきてしまい、授業自体が成り立たないという事象が発生する可能性があるからです。

携帯電話も使いようです

高校生の息子の保護者会でLINEについての注意喚起のお話がありました。無駄にだらだらとLINEをし続けることの危険性に先生方が危機感を覚えていらっしゃるのがよくわかりました。しかし、禁止する、とはおっしゃらないのです。学校側としては、そのツールとしての有効性は認めているので、使い方を考え、わきまえさせて欲しい、とのことでした。今の子供たちは携帯電話のまったくない生活は出来ないでしょう。であればこそ、きちんとその使い方、付き合い方を考えることこそが大切である、というのです。東日本の震災以降、緊急連絡用として、せっかく校内持ち込みも認められるようになった携帯電話なのです。真剣に取り組んでくれている学校側の意図を汲み取り、きちんと子供に向き合ってその使い方を解いていくことの大切さを実感しました。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校のかばんのデザイン. All rights reserved.